逆援助のストーリー

逆援助ストーリーの始まりです

逆援助の実態やいかに!?お金のかからない出会いもあります
リアルな出会いがまっています!

さてさて、そもそも逆援助とはどういったものなのか。。実際はどんなふうになっているのか。。「逆援助」という言葉は秘密がいっぱいです。

「遊んで♪」「かまって」「抱いて」と時間を女性にねだられるモテモテの男性!!いますよね。女性を自分の時間を使って喜ばせる、そしてお礼をいただく。奉仕作業の一環です。

女性に強制しているわけではないのです。自ら・・という女性が実はたくさんいるんですよ。女性にだって男性と同じように性欲はあります。今日はそんな気分!今日じゃなくちゃいや!ウズウズする!という瞬間があるのです。

逆援助というものを違った目線でみてみましょう。需要と供給なのです。性欲を満たすといことは、世のため人のためということになります。内容は違うけれどある意味ホストクラブよりも満たされる方法です。逆援助は楽しみながらエッチな女性を満足させる、お得な大切なものです。

時にはドSの人もいたり、ドMの人がいたり。それはお好みでパートナーを探せばいいだけのこと。逆援助は自分にとって一番ベストな環境をつくることが望ましいことです。

この先女性向けの風俗店がバリバリ出現する出来事のことは間違いないでしょう。逆援助は、その先駆けなのです。


大トロ好きな逆援助女性と出会いました。

なにせ彼女は大のお寿司好き。それも、大トロやトロサーモン。。とろけるものが好きなようです。いつもお腹が減っているベッドインする前にお寿司を食べに連れて行ってくれました。大トロは一般的にマグロの腹肉前部のよく脂ののった部分をいいますね。サーモンは鮭ですね。彼女はスモークサーモンよりもスシが好きです。ペロっと次から次へと食べてしまいます。それにつられて僕もペロリと好きな物を食べます。お会計は彼女が済ませてくれます。逆援助ですから。その後、ホテルへいって食事のお返しにたくさん気持ちよくさせます。なんでも、おねだりを聞いてあげます。普段バリバリのキャリアウーマンの女性がとても可愛くなる瞬間です。もちろん、部屋代も彼女が精算してくれます。逆援助ですから。僕は彼女の望むエッチなことも変態チックなことも叶える物語なんです。なぜなら、僕もその行為が大好きだからです。

私は逆援助大好きな風俗嬢です

普段お金をいっぱい稼いでいる私にとっては、逆援助というものはとっても素敵なものです。職業がら奉仕する側のことが多いので。自分が可愛がられたりいたずらされたりすると、とても気持ちよくて感じます。ワガママを言っても優しくされるって嬉しいことです。自分の願望を丸出しにできるって、最高!綺麗さっぱりしている関係、これも最高!逆援助についてもっと考えたほうがいいと思います。男性だけじゃなくて、女性も男性をオープンに選べる空間ができたらいいな。

一度限りの逆援助

一度限りか同じパートナーと繰り返し関係をもつかっていったら・・一度かぎりの関係が理想ですよ。逆援助ってそもそも、正体がバレないほうがいいじゃないですか。知られたくない関係って、実はこんな身近にあるんですね。ビジネスだと思っています。だからプライベートとは全く別物なんです。逆援助は内緒の仕事だからこそ、ターゲットとの接触は一度限りなのです。

私が逆援助を好きな理由

恋人に求めることができないことを逆援助なら求めることができるのです。自分が選べるということが何もかも気持ちがいいのです。面倒くさい感情や用事は一切いらないし、なんといっても束縛されないことが最高!秘密の関係があるって美容にもいいのです。逆援助をうまく使いこなすと、女王様になった気分になります。

実際、いくらくらいつかうものなんだろう?

ピンからキリまであるのでしょうね。逆援助にも何らかのレベルみたいなものが存在するのでしょうから。。たとえば、人気ハリウッドスターが相手ならフリーターの男の子よりは高値になることでしょう。一緒にいる時間、関係の種類によっても変わってくることでしょう。逆援助に、見本なんてありません。たまに、これだって逆援助でしょ!?という芸能人とかいますよね。考え方と言い方の違いですか・・金銭の動きがない場合もありますよ。


★逆援助ストーリーランド(フィクション)★
その一
ある日、1人の女性と出会いました。きっかけは出会い系サイトです。ひじょうに気があって何時間も語り合いました。
彼女は僕に、「●万円で君の童貞をちょうだい」といいました。もちろん、即行OK。童貞なんていつまでも大事にしておくものではないですから。

彼女とメールで連絡を取り合い、待ち合わせをしてホテルへ直行。これが逆援助のはじまりです。

僕をおいしそうに食べていました。僕もおいしく何度も食べさせていただきました。初めての経験でこんなに刺激的で感じるプレイができるとは夢にも思っていませんでした。逆援助という言葉は一度も出たことはありませんが、これがそういうことなのでしょう。

その後、女性は僕を気に入ってくれたらしく何度か会っています。この経験をしてから、急に女性経験が増えました。そして、喜ばせることがどんどんできるようになっています。逆援助は僕の先生です。


その二
自分で言うのは何なんですけど・・女性に好かれる変態です。行為には自信があります。ご要望どうり、満たしてみせます。
たくさんの逆援助の相手がいます。人それぞれタイプが違う。
人妻、キャリアウーマン、風俗嬢、年配の方までお世話になっています。
行為の好みだってそれぞれ。逆援助は職人業だと思っています。

求めたい人だけ求めればいい。ただそれだけです。物語はそうやって創造されていくのです。

その三
僕は女性経験が一度もありませんでした。こんな僕がどうしたら、一線をこすことができるのか・・考えました。
ある日インターネットで出会い系のサイトを見つけて、思いきって「初体験がしたいです」と書き込みをしてみました。
たまたま、それは逆援助へとつながりました。
相手はガーターベルトの似合う大人の女性です。
僕はドMの気があるので、とても喜ばしい経験をしました。

逆援助の代用品 逆援助の真相


逆援助とは、とても考えさせられるものです。実際にはあってはならない夢のような出来事。想像したり妄想したりするのは自由です。そして、自由に出会いを求めることも自由です!


援助交際|逆援